診療内容

1 無痛分娩について

当院は個人クリニックとしては珍しく、
産科専門医、麻酔専門医の両者が揃っています。
万全の体制で安全かつ確実無痛分娩を受けること
ができる施設です。

無痛分娩は、痛くないのは当然のこと、お産での疲労が少なく回復が早いため
スムーズに子育てにとりかかれるといったメリットがあります。
当院では確かな技術と緻密な管理の元、硬膜外麻酔法による無痛分娩を
365日24時間対応で行っております。又、分娩進行途中で切り替えも可能です。
痛みに対する恐怖心をお持ちの方は、ぜひ 無痛分娩教室 を受講し、
メリット・デメリットを充分にご理解いただいた上でご選択ください。
現在、赤枝医院では6割以上の方が無痛分娩でのご出産を選択されております。

・メリット
  • 1、痛みがないのでリラックスしてお産に臨める
  • 2、出産後の疲労が少なく回復が早い
  • 3、育児に早く取りかかれる
  • 4、産道の緊張がほぐれ、分娩時間が短くなる
  • 5、会陰裂傷も少なくなる
・硬膜外麻酔法とは?

背中の皮膚に局所麻酔をした後、腰の背骨の間より細いチューブを硬膜外腔に留置します。
硬膜外麻酔の処置は約10分、麻酔薬を使用し除痛効果が現れるまでは約15分です。その後、ご自身の痛みにあわせて麻酔薬を数時間おきに注入していきます。

・麻酔をおこなうタイミングは?

計画分娩の場合は陣痛が来る前にチューブを挿入し、麻酔薬が使える状態にしておきます。
麻酔薬は妊婦様のご希望のタイミングで入れることが可能です。
また、いつでも通常(普通)分娩から切り替えることもできます。
生まれる直前ですと麻酔が間に合わない場合もありますので、早めの麻酔をおすすめします。

・よくある質問
Q.ちゃんといきめるの?
A.陣痛の感覚もなくなってしまった場合には、助産師のアドバイスでいきんでいただきます。
Q.微弱陣痛になってしまった場合は?
A.陣痛促進剤を使用します。また吸引分娩になることもございます。
Q.赤ちゃんへの薬の影響は?
A.まったくありませんのでご安心ください。
Q.麻酔で具合が悪くならないの?
A.血圧の変動で多少気持ち悪くなるなど症状が出現した場合には、点滴よりお薬を使用させていただきます。当院では365日24時間、麻酔専門医管理の下、安全で確かな無痛分娩を選択できますので、安心してご出産に臨んでいただけます。

PAINLESS

無痛分娩についてさらに詳しく。

→無痛分娩スペシャルサイトへ。